TOP > リノベーションの制限を見据えた物件探し

リノベーションの制限を見据えた物件探し

中古物件を購入してそこに長く住みたいというケースで活用出来るのが、リノベーションです。間取りの段階から部屋の構築を見直した工事が可能なので、将来を見据えた現代的な生活に部屋の側を合わせる事が出来ます。またリノベーションによる改装と購入を同時期に出来るので、必要となる手続きや実際の入居もスムースに進める事が出来ます。とは言えリノベーションを行う場合でも全てを自分の思い通りに構築出来る訳では無いので、その点は注意を要します。

法に適合する事は当然としても、主に以下の2点から制限が掛って来るケースがあります。

1つは物件の構造部分との兼ね合いです。



梁や柱といった部分が基本的に該当しますが、この部分とそれによって生じる凹凸については撤去する事が出来ません。



また建築時の方式によっては一部の壁が構造を兼ねているケースがあり、この場合には該当する壁も残す必要があります。



リノベーションを行えば、全ての間仕切りが取り払えるという訳では無いのです。
またマンション等の管理物件である場合には、そちらの規約によって床材等の選定に制限が掛かる場合があります。
こちらは交渉の余地があるとは言えますが、他の入居者との兼ね合いもあるので基本的に制限を乗り越えるのは困難と言えます。

これらの要素は工事を進める中で思わぬ障害となる事も考えられるので、それを避ける為にも予め具体的なリノベーションプランを作成し、それに見合った物件探しをして置く事が重要と言えます。